エクオールサプリメントを正しく摂れば、副作用の心配はありません

何のサプリでもそうですが、疑問に思うことは、やはりその副作用。

これから体内に継続的に摂取しようかと考えているのですから、当然です。

ここで紹介するエクオールのサプリメントは1日あたりの正しい規定摂取量を守って摂っていただければ、副作用の心配はありません。

副作用の問題としては、その摂取量を気をつけること。どんなサプリメントでもそうですが、過剰な摂取は禁物です。

効果に期待して定められた摂取量以上に摂ろうという気持ちはわかりますが、それは逆効果です。エクオールサプリメントも表示された目安量を摂るようにしましょう。

ご紹介するエクオールサプリメントには、1日あたりの摂取量なら25mgの大豆イソフラボンが含まれています。全く問題はないです。正しく摂れば、副作用の心配はありません。

目次

エクオールサプリは栄養補助食品なので副作用を心配することなく安全に飲用できる

身体の中に摂り込む物に対して、副作用の不安感を抱くのは当然です。

どれほど研究が繰り返されて誕生した製品であっても、人間の体は人それぞれ微妙な違いがあるので、予想外のトラブルに巻き込まれてしまう可能性は捨てきれません。

ただし、エクオールサプリは全ての人々に対して副作用を心配することなく安全に飲用できます。

その理由は、栄養補助食品だからです。薬剤には副作用がありますが、エクオールサプリは食品扱いなので安全です。

更年期障害ならではの症状を改善させるための成分(エクオール)は、日本人の場合、2人に1人しか作り出せないので、サプリメントでエクオールを補う必要があります。

作れる方でも、この成分は体内で重要な働きがあります。

大豆漬けの毎日も苦痛ですから、サプリメントからの摂取はおすすめです。

エクオールサプリメントはラクトビオンと組み合わせることで効果が増す

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持ち、更年期症状の緩和やアンチエイジングに効果があるとして注目されてきました。

しかし、これを摂取するだけでは効果が期待できません。このイソフラボンを、エクオールという物質に体内で変換させなければならないのです。

日本人女性の約半数が、この変換を行えない状況になっており、エクオールを直接摂取できるサプリが誕生しました。

このサプリですが、ラクトビオンと組み合わせることで更に効果が増します。ラクトビオンには、エクオールの作用やカルシウムの吸収を強化する働きがあります。

エクオールにラクトビオン酸が配合されたものを選ぶように

エクオールとラクトビオン酸というのは最近注目されている美容系のサプリメントです。

とくに女性特有の症状に効果を発揮するイソフラボンで、これだけでも効果が期待できることから、単独でのサプリも発売されています。

しかし、これにラクトビオン酸を一緒に配合することでより相乗的な効果が期待できるため、2種類の成分を配合したサプリもあります。

ということで、サプリメント選びにあたっては、もちろん自分にあったものが一番ですが、基本的には両者が配合されたものを選びましょう。

NHKでも紹介されたエクオールの効果

昔、この効果について、あのNHKでも紹介放送されたのです。あの放送を観て認知された方もいらっしゃるはずです。

その番組放送内ではエクオールには美容効果、コラーゲンを増やす効果があり、さらには老化予防にも効くと放送されていました。

女性ならスキンケアでの美容効果も重要だと思いますが、身体の内側からエクオールを使い美容対策をしてみては。

更年期対策、美容効果、老化防止にエクオールが効果的とわかれば、このサプリメントに積極的になれます。

AMC社と医師との共同開発サプリメント

エクオール+ラクトビオン酸 医師プロフィール

エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌のために食物繊維を食べよう

大豆イソフラボンが健康に良いことは広く知られていますが、体内に取り込んだイソフラボンをエクオールにしてくれる、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌があります。

エクオール産生菌を、腸内で存分に働いてもらうために必要なことは、毎日食べる食事に工夫が必要です。

大豆食品はレギュラー入りが当たり前で、腸内細菌に必要な栄養素として食物繊維も食べましょう。

あとは、発酵食品系やオリゴ糖を含む食品、海藻類などをバランスよく取り入れて、腸内フローラを整えましょう。

エクオールサプリが更年期に良いとされている理由

エクオールサプリが更年期に良いとされている理由としては、更年期障害や月経前症候群の症状を緩和させる効果が期待できます。

更年期障害や月経前症候群はホルモンバランスの乱れにより引き起こされます。

女性ホルモンのエストロゲンが減ってしまうと、ホルモンのバランスが乱れ、心とカラダに多くの異常をきたします。

エクオールはエストロゲンに似た働きをするので、ホルモンバランスの乱れを整えて更年期障害や月経前症候群のつらい症状を緩和させる効果が期待できます。

当サイトやドラッグストア、薬局やなどで手軽に購入できます。

エクオールサプリを積極的に摂取して更年期障害や月経前症候群に負けない健やかな体づくりに努めましょう。

エクオールサプリが口コミで話題になっている理由

エクオールサプリが口コミで話題最近、大手の口コミサイトでも話題を集めている成分が、エクオールです。

女性に人気がある大豆イソフラボンは、大豆製品にを含まれています。

日本は、更年期障害に悩む女性が少なくありません。また、ホルモンバランスが乱れているために、肌の不調を感じている女性も多いです。

女性がなりやすいお肌や体のトラブルを向上させる働きがある「大豆イソフラボン」ホルモンバランスを調整する効果があります。

大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」が体内でエクオールに変化しますが、日本女性の約半数がエクオールを作り出せないため、エクオールサプリが話題です。

ダイゼインのまま体に吸収されるよりも、エクオールとして吸収される方が、体や肌に効果を発揮します。

最近は、サプリメントにも配合されて、多くの女性に愛用されています。

エクオールサプリは腸内環境を整えるから人気なのです

エクオールサプリは、ズバリ「腸内環境を整える」この効果が期待できるから人気です。

腸内環境が健康になると体内環境が改善され、身体全体に良い効果をもたらします。

女性の中で人気になっている理由としては、しわを薄くする効果があるのと、乳がんの予防にもなります。

そして、腸内環境が改善するので、便秘解消にも効果があるので、ダイエット効果、そして、美肌効果もあるので、女性の間で話題です。

男性にとっても、イライラが収まったり、疲れた体にも効果があるので、飲んで損のないサプリです。

作れない体質の方はエクオールサプリで楽に摂ろう

ホルモンバランスが乱れた時や、月経前症候群で悩んでいる時などに、大豆製品を積極的に食べる女性は少なくありません。

「大豆イソフラボン」が体内で変化して生まれるのが「エクオール」で、大豆製品を選ぶ女性が多い理由は、体内で女性の健康のために活躍していた成分と同じ働きがある大豆イソフラボンがたくさん摂れるからです。

女性の美容と健康に非常に役立つエクオールですが、日本人の半分は体内で作れません。

体内で作ることができる人は、大豆製品を積極的に食べると効果的です。

体内でエクオールの量、働きが足りないと感じるている人は、エクオールサプリメントで補いましょう。

一日に必要とされるエクオールの量を摂りたいと考えるならサプリメントは大変手軽なので、おすすめです。

足りないエクオールはサプリメントで補おう

「エクオール」とは、体内で生まれる女性の健康に役立つ栄養素です。

世界的な大豆の消費量の少ない民族や年齢層にエクオール産生菌の体内保菌率が低い傾向があります。

日本国内でも、大豆由来の食品の摂取量の多い年齢層では50%前後が体内に保菌していますが、摂取量の少ない10歳代では20%と非常に低いです。

ですから、足りないエクオールはサプリメントで補いましょう。

女性のほとんどの方が体の中で作ることができない栄養素です。不足分を補いましょう。

■エクオールについて
エクオールは、大豆イソフラボンの一つであるダイゼインから、腸内細菌の働きによって産生される代謝物です。

大豆を摂取することで腸内で産生され、エストロゲン受容体に結合することから弱い女性ホルモン(エストロゲン)様作用を有します。

国別エクオールを作れる人の割合
大豆イソフラボン エクオール産生菌

*6 日本女性医学学会雑誌, 20: 313-332, 2012
出典:第31回 日本女性医学学会学術集会 PDF

更年期サプリの購入は、信頼度、認知度、ブランド力で

更年期サプリ エクオールサプリの購入当サイトで紹介している更年期サプリメントは、信頼度が高く、認知度、ブランド力が高い商品ばかりです。

まだまだ、情報量も足りていませんが、当サイトだけで更年期障害についての全ての知識が得られるよう読者様と一緒に勉強してまいります。

サイト名の「わかるエクオール」に恥じないコンテンツ制作、更新を続けていきますので、お付き合いのほど、よろしくお願いします。

また、更年期サプリの販売価格は、メーカや小売店の意向によって、大きく異なります。

当サイトで紹介させていただいております8つのサプリにはそれぞれ特徴がありますので、症状に合わせてお選びください。

エクオールサプリメントは、あらゆる更年期症状に適用

エクオール更年期更年期対策にはサプリメントがいいと思います。でも、その種類が豊富すぎてて選ぶのに苦労します。

いくつかご紹介します。参考にしてください。

まずは、上記でもご紹介している通り、エクオール系のサプリで、定番のサプリはこのサイトでも度々登場するワード大豆イソフラボン系のサプリです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするため、あらゆる更年期症状に適用されます。

次に、ローヤルゼリーです。
たんぱく質・脂肪・果糖やブドウ糖・ビタミン・ミネラルが多く含まれているので、有効とされる症状としては、冷え性・肩こり・骨粗しょう症予防、倦怠感・無気力などの不定愁訴、精神的疲労などの改善などが報告されています。

他にもたくさんのサプリメントの種類がありますが、まずは上記の2つでイイかなと思います。

これらを配合したサプリメントを試してみてください。きっと良い結果が得られます。

エクオールサプリはスーパーイソフラボンを直接摂取しているのと同じ

更年期の症状には、肉体的なものや精神的なものといった、いろいろな不調がみられます。

そして、この症状には別名スーパーイソフラボンと呼ばれるエクオールが効果的ですが、大豆イソフラボンだけを摂取しても、体内で作る事が出来ない人もいますので、単体の摂取では意味がなくなってしまいます。

エクオールという商品は、スーパーイソフラボンを直接摂取しているのと同じ事なので、とても簡単に取り入れられます。

食品で摂るよりサプリメントの方が手軽に持ち運べて便利な上、どこでも飲用する事が出来るのでおすすめです。

エクオールは当サイトのように通信販売などで購入する事が出来るので、是非一度このサプリメントを試してください。

骨密度を守るならエクオールサプリメントで

女性が年齢を重ねることで、避けられないもうひとつの気になること。それは、骨の密度です。

毎日グラス1杯の牛乳を習慣化するといいと言われていますが、牛乳ってカロリーも高く、簡単なようで継続するのは大変です。

女性ホルモンには、骨に含まれるカルシウムを守る効果があります。年齢を重ねた女性を悩ます「骨粗しょう症」というものは、この成分が関係しています。

忙しい生活の合間を縫って足りない栄養素を手軽に補うには、エクオールサプリメントの摂取が効率的です。数ある有効成分の中で、今、最も注目されているのがエクオールです。

大豆中心の食事が更年期に良いとは、よく知られたことですが、最近の研究でそれをエクオールに変換されないと意味がないことが分かりました。

骨密度を守り、健康な身体をつくるには、不足したエクオールをサプリメントで効率よく補うことが大切です。

エクオールとはいったい何なのか?

エクオールとはエクオールという言葉そのものの認知はまだ浅く、2015年くらいから一般に広く話題になりはじめた新しい言葉です。

その言葉を検索して当サイト「わかるエクオール」にたどり着いた方々は、まだそのしっかりとした意味を理解していないのかもしれません。

参考:Googleトレンド

まずは、エクオールとはいったい何なのか?そこから順を追って説明していきたいと思います。

更年期障害の様々な症状を和らげてくれる作用をもたらしてくれる成分は、エクオールである。このことが、最近の研究でわかりました。

その主原料は、大豆に含まれている「大豆イソフラボン」です。大豆製品といって思い浮かぶもの。それは、豆腐、納豆、おから、枝豆、もやしなどです。

この「大豆イソフラボン」を体内に摂取した時、あくまでもこの大豆イソフラボンを自らの力(ここ大事)で変換してできる栄養成分を「エクオール」と呼びます。

エクオールは、大豆イソフラボンを摂取した時に変換されてできる物質です。

大豆イソフラボンは、豆腐や納豆などの大豆製品に含まれており、女性の健康や美に有効な成分として広く知られていますが、実はこの効果の源が「エクオール」であることが最近の研究で分かってきました。

出典:株式会社アドバンスト・メディカル・ケア

ということは単純に「ガンガン大豆製品を摂取すればいいじゃない!」

と考えがちですが、残念なことに日本人女性の約半分以下(44%)しか大豆イソフラボンからエクオールに変換することができないカラダです。

レディースクリニック市ヶ尾さんが簡単にまとめてくれています

参考:2分でわかるエクオール

私はエクオールを作れる人なの作れない人なの?この2分の1の賭けどうする?

ソイチェック(別名:エクオール検査キット)という尿検査によって自分がどのくらい大豆イソフラボンからエクオールに変換できるかわかります。

アマゾンやマツキヨといった薬局でも簡単に手に入ります(4,000円程度)。

薬局に行って「ソイチェックしたいんですけど?」と言ってももしかしたら通じないかもしれません(体験済)。

その場合は、「エクオールの検査をしたいのですが」と尋ねてみてください。通じると思います。

郵送して、2週間ほどで書面にて結果がわかります。

レベル1からレベル5まであり、数字が高いほど変換できる力があるというのが、横棒グラフのような図で記してあります。

レベル3以上ならエクオールを作れる人と思ってよいです。

エクオール検査キット検査結果結果ラッキーなレベル3以上の方々は、食事から変換できることがわかりましたので、これにおごることなく大豆製品を毎日積極的に摂取してください。

エクオールを作れるのか作れないのかを知りたい方は
ヘルスケアシステムズのエクオール郵送検査キットで(Amazon)

エクオールレベル2以下なんですけど

さて、食品からエクオールに変換できないカラダだからといってそんなに落ち込むことはありません。

エクオールを外部から直接摂取すればよいのです。そんなありがたいサプリメントが今話題です。

エクオール生産菌の保持率が高い理由はアノ食品

日本人と欧米人を比べると、日本人のほうがエクオールを作る保菌率が高いです。

その理由のひとつとして、日本では大豆食品が豊富でその摂取量も高いことが理由だと言われています。

しかし、食文化の急激な欧米化で大豆由来の食品の摂取量が減少している若い年齢層では、エクオール産生菌の保菌率が欧米人並みに低いです。

最近では若い女性の間でもエクオール不足が問題になっています。

足りない分はサプリなどの栄養補助食品で補う方も増えています。

大豆食品を多く摂っている人にはなぜ更年期障害が少ないのか、その秘密は?

多くの女性が悩まされる「更年期障害」さまざまな症状があり、その時期も個人差があります。

その症状を和らげる効果があるとされるのが「エクオール」大豆イソフラボンを摂ることで体内でエクオールが生産されるので更年期障害でお困りの方は大豆イソフラボンをたくさん食べるようにしましょう。

更年期対策に高い働きがあるのでおすすめです。

ただエクオールという物質を体で作れる人は日本人では半分くらいです。

ですからエクオールを作り出せないという人は、サプリから摂取し、症状を緩和できるのです。まずは検査をしてみましょう。

プレ更年期障害の女性に人気のエクオールサプリメント

エクオールは、大豆イソフラボンに含まれるガイゼインが腸内で乳酸菌やビフィズス菌に代謝される事で産生される栄養素なので大豆イソフラボン様相効果を示しエストロゲンの0.1%〜1%程度の効果が期待出来、卵巣のエストロゲンの分泌量低下を補い更年期障害を緩和改善する効果があります。

しかし、エクオールは、大豆イソフラボンの様にDNAの二本鎖を切断し再結合させる事でDNAの立体構造を変化させる酵素DNAジャイレースの働きを阻害する事が無く、過剰摂取しても副作用が出る事が無く安全性の高いサプリメントです。

その為、30歳代〜40歳代のプレ更年期障害の女性にも人気のサプリメントです。

エクオールを摂ることで肌の状態を改善

女性の美容と健康に欠かせない女性ホルモンのひとつにエストロゲンがあります。

これは、肌の健康に特に強い働きがあるとされており、他にも、コラーゲンの生成やそれらを合わせるエスラチンをつなぎ止める働きも持ちます。

そのため、エストロゲンが体内で不足すると、お肌にシワやシミ、たるみなどの症状が進行します。

エクオールには、体内でエストロゲンが減ることを防ぐ働きがあります。

エクオールを摂ることで肌の潤いや弾力を保つことができ、肌の状態を改善することが期待できます。

更年期の生理は不安定なトラブルが発生したりします

閉経と言うものは、卵巣内の卵胞が減り続け、消滅した状況のことを表しています。そしてこの前後の約10年間ほどの期間を更年期と呼んでいます。

生理期間が長引いたり、短かったりと不安定なトラブルが発生します。

長ければ1週間以上も続くこともあり、その原因には出血の量で異なります。

出血量が少ない場合はさほど問題はなく、乱れたホルモンバランスの調整で収まります。

ですが、その量が多いという方は、デリケート部分の大病かもしれません。病院で診てもらいましょう。

30代後半くらいを過ぎて、体調に異変を感じたら更年期の初期症状かもしれません。

自力で何とかしようと悩まずに、専門クリニックなどで診てもらいましょう。

更年期障害にはまだ遠い年齢だけど少し気になる

「更年期障害」女性なら多くの方がいつか通る道です。「いつやって来るのか」と、不安にかられる方がたくさんいると思います。

年齢が若いと、さほど気にならないと思いますが、ある一定の年齢を過ぎると興味がではじめます。

予防や改善としては、大豆食品やポリフェノール、サプリメントを積極的に摂りましょう。

ですが、これらを毎日必要な分、その量を食事から摂ろうと思うと中々の準備が必要です。

そこで、30代中盤くらいからポリフェノールが配合されたサプリメントを利用すしましょう。

食後に服用することで効率良く体に吸収することが出来、その年齢が来た際に症状の緩和が期待できます。

症状に悩み生活に支障が出るくらいであれば、薬や病院に頼ることも大切なことですが、サプリメントのように手軽に始められる手段であれば、試してみる価値はあるでしょう。

ホットフラッシュの症状は注射などで対策治療

更年期障害の症状のひとつに「ホットフラッシュ」があります。

これは、暑くもないのに大量に汗が出ることや、のぼせる回数が増えるという症状です。

その原因は、体内で女性ホルモンの量が少なることで、それを調整をしていた脳が混乱し汗を出す命令系統が乱れることが原因です。

この症状はわかりやすいものなので、気がついたら近くの病院へ行き、注射などで対策治療をおこなえば症状は軽くなることは可能です。

ホットフラッシュ対策にはウェットティッシュやタオルを持とう

更年期障害というものは、たくさんの症状があります。

その中でも、汗が大量に出ることや、のぼせるといった症状が出る「ホットフラッシュ」と言われるものは多くの方を悩ませています。

更年期障害はストレスが原因となりさらに悪化します。

ホットフラッシュや急な汗が出ることをあらかじめ想定し、ウェットティッシュやタオルを持つ、保冷剤を用意する、ということを行います。

閉経後5年ほどで落ち着いてくると前向きに考えることも大切です。更年期障害の悩みを改善するにはいろいろと対策方法はあります。良い効果が出るまで積極的に試しましょう。

エクオールを直接体内に入れることで早い対策を

更年期だと、精神的に不安障害に陥ったり、イライラしたり、肉体的には眩暈や頭痛、多汗などの症状がみられます。

これらをまとめて更年期障害と呼びますが、これは女性ホルモンの分泌が著しく減少してしまうために起こります。

この更年期障害を抑えるために役立つサプリメントとして、イソフラボンが有名ですね。

正確にいうと、イソフラボンに含まれるエクオール成分が女性ホルモンと同じ働きをしてくれます。

となると、イソフラボンを摂ってエクオールを生んで効果を得るということになるのですが、どうせならエクオールを直接体内に入れることで早い対策、効果が期待できます。

エクオールサプリメントなるものがありますから早い効果を得たいという方にはおすすめです。

大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。

イソフラボンは、その構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ていることから、女性ホルモン様作用をもっており、更年期症状の緩和や骨密度の維持に対する効果が知られてきました。

また、厚生労働省研究班による大規模コホート研究でも、食品からのイソフラボン摂取量が多いほど、日本人女性の乳がんや脳梗塞、心筋梗塞のリスクが低下し、男性の一部でも前立腺がんのリスクが低下するという研究報告が出されています。

出典:名古屋大学発ベンチャー株式会社ヘルスケアシステムズ

緑茶を飲むことでエクオールが多く作れる

美容効果がある「イソフラボン」この成分より「エクオール」と言われる成分のほうが、より高い美容効果が得られることがわかりました。しかも、女性の健康にも大きな働きがあります。

最近では、テレビでも良く取り上げられて、サプリメントも販売されています。

しかし、サプリメントに頼らなくてもエクオールを体内で多く作れる人もいるのです。ひとつわかっていることは「緑茶」を飲むことで、この成分を多く作れると言われています。

はっきりとした理由は明かされていませんが、緑茶の健康効果によって腸内環境を元気にしてくれます。

その結果、腸内細菌が増えることになりエクオールが多く作られるのではないかと言われています。